オランダのグループホーム ホグウェイの視察報告② 2016年05月25日
ベストケアグループ本部

現在、某日系保険会社のオランダ勤務で来年度から弊社の役員になるスッタフからの報告!

オランダ ホグウエイのグループホーム

・ユニット数
 (23ユニット)

・1ユニットの部屋数 (利用人数)
 (6-7名,この人数にこだわりを持っていた。これ以上増えると利用者が萎縮 および遠慮すると言っていた)

・グループホーム自体 の利用者数
 (152名)

・ユニットごとの独立性
 (ユニットはマンションの号室の。互いのユニットには室内からは出入り ができない)

・ユニットのメンバーの 性格
  (現在4種類のグループが存在)
 1.家に呼んで家で過ごすのが好きな人
 2.友達と外出して買物に行くのが好きな人
 3.もともとお金もちで静かに過 ごすのが好きな人
 4.インドネシア人などカルチャーが違う人のグ ループ

・スタッフの配置
 (6-7人に3人。夜間は全利用者152人を5人で見守りする)

・ユニットから外出
  (ユニット(家)の玄関からいつでも外出できる)
 • もちろん、ホグウェイの敷地からはスタッフや家族が同伴しないと出られない。

・外部の人(第三者の人)との交流
 (入口で受付にお願いすれば誰でも入れる)
 (利用者とは全く関係のない近所の人が犬を連れて散歩にきたり、自転車をホグウェイに持ち込んでホグウエイのレストランを使用できる)

・エンターテイメント
 (ユニットごとに玄関、リビングルームが1つある)
 (リラックスできる公園、カフェテラス、スーパー、お洒落なレストラン、 お洒落な居酒屋、スポーツジム、映画館、旅行代理店、美容室等があり、利用者は外には出れないが、外部にいる気分は十分堪能できる)
 (音楽室、美術室もあり、ホグウェイが主催する絵画や音楽など サークルがあり、外部の人達(ボランティア)がホグウェイに来て患者)と一緒にサークル活動を楽しむ。
 (レクリエーションは利用者主導である)